CB750 K2

P7131145.jpg

4年前にTV番組で紹介されたK2は、現在カスタムシルバーの外装を身にまとい、オーナーと楽しい時間を過ごしています。
今回は、2度目の継続車検でお預かりしました。



P7131140.jpg

エンジンのO/Hから4年経ちましたが、オイル漏れなどは見当たりません。しかし、低回転域でのばらつきがあるのでキャブの調整が必要のようです。


P7131143.jpg

キャブの中の消耗部品を交換して、点滴投与。4基の負圧を整えました。


P7131139.jpg


販売した車両が今でも元気にしているかと気になる時があります。たまに再会して大切に扱われていると安心しますね。
点検整備を終えたこのK2のテスト走行は、いつもと違ういい気分でした。


スポンサーサイト

Mr.Bike BG

P7151150.jpg


Mr.Bike BG 8月号に佐原さんのK2が出ています。



P7151148.jpg

今から14~5年前の開業間もない頃、私が載っている古い雑誌を片手に「枝根さんがお店を始めたと知り、やってきました。」と
佐原さんが来店されたのを今でも覚えています。
物の価値観や考え方、ナナハンへ対する思いに共感できる事もあり、いつも良いコンデションで乗れるよう整備を任されてきました。ゆっくり走っても早く走ってもライダーの要求に素直に応えてくれるこのK2は、誰もが欲しくなるCB750 FOURです。
取材の記事とは関連性がないと思うのですが、私の写真をさり気なく掲載してくれてありがとうございます。



P7151147.jpg

このページでは、年式別に解説していますが、このK2のシートにもっと触れて欲しかったな!サイドのパイピングのラインと後方へわずかに跳ね上がる美しい形状は、K2の魅力の一つなんです。それと、他車の解説での間違いがいくつかあるのが気になります。いつもナナハンと向き合っている人にしか分からない事もあるので、それを見つけるのも"CB750 FOUR"の醍醐味なんでしょう。






還暦FCライダー

20180714_122926 (2)

GarageCLIMB
 枝根さま

 今日は御手数かけて本当にありがとうございました‼。
 お陰さまで気持ち良く帰宅し、一杯頂いて居ます‼。

 何時も、 撮影側におられる枝根さんのお仕事中の写真を転送します。

 コネクター配線を根気よく並べ替え、 既存の備品を改修して取り付けて頂いた様は正に"匠の技" でした。 感動しました‼。

 スロットルのワイヤーが捩れて修まった状態も、 他のお店でそこまでこだわって何度もチャレンジしてくれるでしょ うか⁉。
 ひとつの拘りが、ここまで対応して頂けるのは、レース🏁 を経験されているからかのでしょうか⁉。
 今日は長い間拘束してしまい、 その様を伺い改修を頼んで良かったと思って居ます‼。

 もうしばらく、CBを楽しみます。
 還暦は過ぎても、まだまだ仕事も継続しながら、 現役で頑張ることになりました。
 CBも現役でどっちが持つか⁉楽しみです。
 これからもよろしくお願いいたします。

CB750 K1の点検整備



当店のツーリングやレースのサポートでいつもお世話になっている高橋さんのK1です。
しばらくの間、整備をさぼっていましたね~!来月の北海道ツーリングを前に各部の点検整備をしましょう。


P7071144.jpg


セルモーターでエンジンを掛ける時、スタータークラッチが滑っていたので消耗部品を交換しました。
もう、始動時のイライラは解消です!今後は、セルのスイッチを押すのが楽しくなるでしょう。


P7071140.jpg

エンジンが冷えたところで、バルブクリアランスの調整をします。それなりに広がっていたクリアランスは、規定値になり、ヘッドからの雑音が消えました。


P7071141.jpg

キャブの調整と同調作業です。4基の負圧が整うとスムーズで力強く加速します。
帰り道のスピード超過にご注意を!



P7071145.jpg

年間の走行距離は10000 km超え 楽しんでますねぇ~



P7071147.jpg

明日、富士スピードウェイで行われるHONDA主催のCBミーティングに参加されるそうです。











LOC 第2戦 富士スピードウェイ

DSC_6708 (2)

やはり、レースは何が起こるかわかりません。予選から電気系のトラブルが・・・
ストレートを全開で走行して過去最速であることを実感しましたが、2周目でエンジンストップ⁉
対策を終え、決勝に臨みます。しかし、スタート直後から点火不良でレースどころではない!
2周しても症状が変わらないのでリタイアしました。 エンジンが良かっただけに悔しい!